IME切り替えショートカットキー

投稿者: | 2019年11月5日

前までは左Alt+SpaceでUSキーボードとgoogleIMEを切り替えれてたのですが、いつからか切り替えられなくなったので、とても不便でした。

どうやらショートカットキー自体が変わったみたいなので、設定方法とかまとめておきます。

1.設定を開く

昔はコントロールパネルから言語を開けたのですが、今は言語が設定に移ってしまっているので、わかりにくい。

そのため、上の記事の方法では最初のステップから躓きます。

2.デバイス

最上段にあるデバイスをクリック。

3.入力

入力をクリック。

4.キーボードの詳細設定

下にスクロールして、キーボードの詳細設定をクリック。

5.入力言語のホットキー

下にスクロールして、入力言語のホットキーをクリック。

6.キーシーケンスの変更

上の画像のようなウィンドウが開くので、キーシーケンスの変更をクリック。

7.ショートカットキーを選択

一番使いやすそうなものを選択。

最初はCtrl+Shiftが選択されていると思いますが、意図しない時に同時押しをすることがありそうなので、同時に使わなさそうな左Alt+Shiftにしました。

本当は使い慣れている、左Alt+Spaceにしたかったのですが、決まったものからしか選べませんでした。左Alt+Spaceはウィンドウの制御のショートカットキー(使ったことがない)とか、もはやOSレベルでのショートカットキーは埋め尽くされているんですかね。

左Alt+Shiftは左手で押しやすくなっているので、元の設定よりかはおすすめです。

8.もっと早い設定方法

Ctrl+Shiftを押して、IMEの切り替えみたいなポップアップが出てきたら、そこから設定にいけますが、邪魔で消しているので、出てくる人用。その後の手順は上記の通り。

9.まとめ

やっぱりShift/Ctrl/Alt+Spaceが押しやすいから、もうちょっと柔軟に設定できてほしい。 Alt+Spaceはすでに使われているみたいだけど、Ctrl+Spaceとか何も設定されていないし、どうにかならないかなあ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください